Blog

創作建築工房URBANの建築の様子を紹介します。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
白隠禅師 健康法

こんにちは 赤坂です。

 

一宮市の本屋さん精文館書店で しぶい本を

見つけました。

江戸時代に書かれた白隠禅師の健康法を現代版に再現した本なのですが

初版発行がなんと昭和30年です。

62年間版を重ねているのもすごいし、本屋に置いてある事にも

びっくりしました。

 

 現代でも実践者の多い健康法ですので ぜひ熟読してためしてみようと

思います。

| urban-build | 本のひと時 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
アルケミスト 夢を旅した少年

こんにちは 赤坂です。

 

普段はノンフィクションしか読まないのですが

珍しく物語を読みました。

書評で知って題名は覚えていたのですが

本屋で横積みされていた見た目が際立った

存在感がありまして購入しました。

↑表装からオーラがでてました。

 

もちろん中身も面白く半日で一気読みしました。

書き留めておきたくなる名言がたくさんでてきます。

おすすめの1冊です。

| urban-build | 本のひと時 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
山本印店物語「不思議なハンコ屋」
こんにちは 赤坂です。

先日とあるきっかけで読みました
「不思議なハンコ屋」という本です。

昭和38年から東京でハンコ屋を営んでいる著者 山本桃仙さんの
生い立ち、様々なエピソード、ハンコ造りに対する考え方が
書かれた本です。
 とても個性的で暖か味のある書体のハンコを造っていらっしゃいます。

ジャンルは違えど建築業も お客様1件、1件オリジナルの
大切な創作物です。もの造りへの取り組み方が とても参考になり
勉強になる本でした。
| urban-build | 本のひと時 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
「レクサス星が丘の奇跡」を読んで
こんにちは 赤坂です。

この本はまず表紙が魅力的ですね。

私もビジネスマンですからつい買ってしまいます。
本の中にも「さりげないおもてなし」という言葉がでてきますが
表紙の人の佇まいにもそれがでているように感じます。
ビジネス書にもかかわらず涙腺をゆるませられる箇所も
ありました。

ためになる本でした。
| urban-build | 本のひと時 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
小学生はこれを読め
こんにちは 赤坂です。

今朝TBSの「がっちりマンデー」で札幌市の
本屋【くすみ書房】を紹介していました。
この本屋さんのフェアのキャッチコピーが秀逸です。
「なぜだ⁉売れない 新潮文庫」とか
「中学生は これを読め!」とか
もちろんこれは新潮文庫はこんなにいい本が
たくさん有るんだから 皆さんもっと読んでね。
という意味なんですけど表現がおもしろいですよね。


私から小学生におすすめしたい本です。
百瀬昭次 著  君たちは偉大だ   という本です。
人間の潜在能力について わかり易く書いてあります。
勉強が苦手、運動が苦手、人付き合いが苦手、環境が、とか
いろんな悩みが少し解消されて前向きになれる本です。

 
| urban-build | 本のひと時 | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
堀江貴文 ゼロ
 
 こんにちは 赤坂です。

この本は面白かったです。


本屋の近くのモスバーガーで読み切っちゃいました。
ケチャップ垂らしながら。
内容はあえてここには書きませんがビジネスマンの方は是非 
正月休みにでも読んでみてください。
2014年への活力が湧きますよ。

 いい言葉ですね、
「なにもない自分に小さなイチを足していく」
 来年のテーマにします。
 
| urban-build | 本のひと時 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
本を1000冊読んで考えた 2
 
 こんにちは 赤坂です。

堀江貴文氏の

『ネットがつながらなかったので仕方なく

 本を1000冊読んで考えた

 そしたら以外に役立った』

という長い題名の本の話しでたね、題名通り

堀江氏が2年間の収監中に読んだ本の書評です。

1000冊中 42冊を抜粋して紹介しています。

 私は収監されたことはありませんが 本は

1000冊以上読んでますから ホリエモンが選んだ

42冊と何冊かぶるかなと読みすすめましたら

2冊かぶっていました。

 まず1冊目 意外でしたね。↓


 
ホリエモンが『成りあがり』って・・彼いわくベストセラーの
研究のために読んだら 予想外に おもしろかったそうです。

 私は34年前 12才の時に読みました。われながら
おマセさんでしたね。↓紙が日焼けして古文書みたいになってます。


この本がすごいというより その後も34年間 第一線で活躍している

 矢沢永吉がすごいですよね。

もう1冊はリリー・フランキーの『東京タワー〜オカンとボクと、

時々、オトン〜』です。この本は7年前ですけど もう家の中に

無かったです。母親の闘病を本に書くのは当時どうかと

思いました。


 もう1冊 前回の写真に載ってます村田涼太の『101%のプライド』

この本はおもしろかったです。さすが金メダリストの村田選手 

一芸に秀でる人は本を書いても達者ですね。

トンチの効いた さわやかな文章で最後まで

笑いながら読ませていただきました。

 
 


 

 
| urban-build | 本のひと時 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
本を1000冊読んで考えた


 こんにちは 赤坂です。

週末 本を買いに行く事が多いのですが

ホリエモンの本が面白そうだったので買って

一晩で読み終えました。題名が長いので画像を

載せておきます。


 一番右の本です。他は最近読んでおもしろかった本です。



左から 伊集院 静 「大人の流儀」シリーズで3冊でてるんですが第3弾が

一番おもしろかったです。  昨日江南市の花火から帰ってきた うちの

18才の息子を見たら 私が20才の頃、25年前に自分が着てた

BIGIのシャツを着ていました。「カッコいいから」って とても嬉しかったです。

そうなったらいいなと思って とっておいたものなので。

 そんなような昭和っぽい価値観が満載の本です。


 左から2冊目が有名ですね。ベストセラー・本屋大賞 百田尚樹「海賊とよばれた男」

出光興産の社長 出光佐三の物語です。これも どっぷり昭和の話です。

個人事業主 必見の内容です。以来ガソリンは出光で入れるようにしてます。

 

 真ん中が これも確か本屋大賞に選ばれたかと思います。

川村 元気「世界から猫が消えたなら」  今なぜか本屋に行くと

猫や犬が題名の本が すごい数有ります。流行りでしょうか、戦略でしょうか?

 その走りみたいな本ですね。3冊目で初のまろやかな内容の本です。


 長くなりそうなので続きはまたにします。

| urban-build | 本のひと時 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
何遍読んでもおもしろい
 
 こんばんは 赤坂です。

毎週日曜の夜の楽しみだったNHKドラマ「坂の上の雲」第2部が

昨日で終わりました。来年の年末に最終の第3部をやるそうです。

 原作はもちろん司馬遼太郎です。

こちらは愛読書、司馬遼太郎の戦国3部作↓


 太閤記(上・下)・国盗り物語1〜4 道三、信長、秀吉の物語です。

 二十歳くらいの時に初めて読んで以来この20数年の間で何回読み直したか

解らないくらいです。

 特に年末年始のお休みに読む事が多いです。今も太閤記の下巻を読んでいるところです。

 3人の武将のいろんなエピソードがでてきますが こちらの読む年齢によって

ツボが変わるのがおもしろいんです。

 若い頃気に留めずに読んでいた部分が今読み返してようやく理解できたり、

またその逆もあり 私にとってなにより為になる6冊です。

 これから太閤記の後半に入りますが 新たな発見が楽しみです。

| urban-build | 本のひと時 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
『ガンは治る ガンは治せる』〜本の紹介


 こんにちは赤坂です。

備えあれば憂いなし という事で健康関連の本もたまに読みます。

今回のおすすめは


 『ガンは治る ガンは治せる』 安保徹・奇歙・船瀬俊介 共著 花伝社刊です。

医療に関して素人の私が意見や感想を 載せるべきではないと思いますので

ここでは控えますがこの本の中には建築と健康に関するお話もでてきます。

木造校舎とそうでない場合の

児童のインフルエンザ罹病率の差など日本の大学で統計をとって

発表された話なので信憑性があります。

また他の工法で出来た建物でも内装に木を使う事によって

近い効果が得られる、その場合は厚さ何mm以上とか為になる内容でした。

もちろん題名通りガンの予防と治療に関する情報もいっぱいです。

おすすめです。

| urban-build | 本のひと時 | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
QR-CODE
qrcode
RSS1.0 ATOM0.3
みんなのブログポータル JUGEM
paperboy&co.

このページの先頭へ